トップへ » はじめての方へ » CEREC/セレック

長持ちする最新のセラミック治療『セレック』

セレック『以前から銀歯が気になっていたので白い歯に変えたい』と考えている患者さんは多くいらっしゃいます。ただ、一歩が踏み出せないのは幾つかの不安要素があるようです。そのひとつが装着したものの寿命です。

例えば前歯の治療。現在、白い歯にする治療は保険適用でも行えますが、材料や治療方法などでさまざまな制約があります。保険でもしっかり作れば再度虫歯にはなりにくいものの、変色が起きやすかったり、セレックの治療に比べると明らかに虫歯の再発率が上がります。

最先端技術を取り入れたセレック治療は、従来の治療では成し得なかった「長持ち」と「美しさ」の両立を実現する治療です。

セレックシステムは最先端のデジタル歯科

セレックシステムセレック治療で使う白い歯は、最先端のセレックシステム(CEramic REConstruction)を使って製作します。

セレックシステムとは、つめものやかぶせもの(修復物)を製作する装置で、コンピュータ制御により、修復物の設計から製作までをオートメーションで行うCAD/CAMシステムです。

従来の方法と違い、セレックでは歯形と印象材をしての歯形採りをする必要がありません。歯科専用の3D光学スキャナーを使って患部をスキャニングしてモニター上に写し出し、専用ソフトを使って修復物の設計を行います。そのデータをセレックに転送すると、ミリシングマシン(専用の機械)がセラミックブロックを削り、修復物を製作します。設計から削り出しまでの一連の流れをオートメーション化しているので、製作にかかる時間を大幅に短縮でき、短時間でセラミックの白い歯が完成します。

なぜデジタル歯科が良いのか?

近年、歯科医療でもデジタル化が進み、CAD/CAMシステムを導入する歯科医院が増えてきました。セレックを使った治療には、たくさんのメリットがあります。最大のメリットは「長持ちする」こと。手作業がなく、設計から削り出しまでをコンピュータで制御するので、スピーディな処理ができ、完成度の高い修復物に仕上がります。

セレック治療のメリット
●虫歯が再発する恐れが少ないセレック治療のメリット
コンピュータ制御により、緻密な設計と誤差の少ない削り出しができます。修復物の完成度は高く、歯にぴったりと納まります。

修復物はセメントで合着(接着)します。セメントの層が必要になります。健康保険治療の場合そのセメント層の調整は手作業で行われます。一方セレックはコンピュータによりセメント層を計算しミリングマシンという機械で削り出すため均一なセメント層を作ることができます。

また、健康保険で使用しているセメントはその隙間を埋める役割も果たします。しかしセメントは水(唾液)に弱いため、時間とともに溶けて隙間ができ、隙間があるとそこから細菌が侵入して虫歯が再発しやすくなります。

セレックで製作したつめものの場合は削った溝にぴったりと隙間なく収まります。そうすることで細菌が侵入できなくなり、虫歯の再感染リスクを軽減することができまるのです。

●高品質の素材で破損しにくいセレック治療のメリット
セレックで使用する素材はセラミック製のブロック。高品質のセラミックを規格化しているので、品質が安定しています。手作業で白い歯を作った場合は、どうしても出来上がった修復物にムラが出来てしまい、強度的に安定しないことがあります。

セレックシステムを使ったセラミックで修復物を作った場合には、従来のセラミックの審美性をそのまま持ち、さらに耐久性に優れ、噛み合ったときの力にも十分耐えられるので、修復物も破損しにくく、長持ちします。

セレック治療の基本は治療技術

セレック治療虫歯治療をしても、つめものやかぶせものが外れたり破折したりすることがあります。こうしたことは、セレック治療のあとにも見られるトラブルです。

修復物を破折させないために一番重要なことは、詰め物を装着するときに行う噛み合わせの調整です。セレック治療は美しくて長持ちする質の高い治療ですが、治療の基本は一般的な歯科治療と同じです。噛み合わせの調整などをしっかり行わないと、あとから破損などのトラブルが起きて、長く持ちません。

セレックは、人の手を使わずに、簡単に良質な修復物を製作できる画期的なシステムです。たくさんのメリットがありますが、それを十分に生かした治療をするには、長持ちさせる治療のテクニックが必要です。

歯科医師のテクニックを見極めることは難しいと思いますので、説明をしっかり受け、十分に検討した上で治療を選択してください。

セレック治療の流れ(ほとんどが1回の治療で完結します)

Step1.口腔内カメラでの型採りセレック治療の流れ
お口の中に3D光学スキャナーを入れて患部をスキャニングし、型採りを行います。カメラで写すだけなので、熱さや傷み、違和感などがまったくなく、数分で終わります。

次へ
Step2.修復物の設計セレック治療の流れ
スキャニングした画像をコンピュータに取り込み、専用ソフトを使って修復物を設計します。

次へ
Step3.修復物の削り出しセレック治療の流れ
設計データを専用のミリシングマシーンに転送し、セラミックブロックを自動的に削り出して修復物を製作します。

次へ
Step4.お口の中にセットセレック治療の流れ
完成した修復物をお口の中に装着し、嚙み合わせの調整をして終わりです。

関連ページリンク

はじめての方へ一般歯科予防歯科歯周病治療審美歯科CEREC/セレック
インプラントサージカルガイド入れ歯見える治療症例集
よくあるご質問医療費控除

ご相談・お問合せはこちらから

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » はじめての方へ » CEREC/セレック


コールバック予約