トップへ » はじめての方へ » サージカルガイド

インプラントをより安全に行うためのコンピューターガイドとは

サージカルガイド当院では、コンピューターガイドを使ったインプラント手術を行っています。コンピューターガイドとは、インプラント手術時に使用する、術前のシミュレーション通りにインプラントを埋入するための補助装置です。これを使うことで、インプラント手術の安全性が高まり、誤差のない埋入が可能となります。

手術前にお口の中をCTで撮影し、そのデータを専用の解析ソフトで三次元化します。そしてインプラント埋入位置を十分にシミュレーションした上で決定します。モニター上にはお口の中の状態が立体的に再現されて、骨の厚さや位置関係を把握でき、インプラントを埋入する位置や角度を正確に割り出すことができます。

サージカルガイド/コンピュータガイドを使ったインプラント手術のメリット

サージカルガイド/コンピュータガイドに沿って手術を行うことで、インプラント埋入の位置や角度、埋入深度をシミュレーション通りコントロールすることができ、手術中の危険性を確実に低減できます。

下顎骨の中にある神経を確実に避けてインプラント手術が行えるサージカルガイド
CT撮影は三次元で撮影するため、平面のエックス線写真ではわからない、顎骨の中にある神経や血管まで立体的に把握できます。


最終的な歯がキレイ見える位置に埋入できるサージカルガイド
サージカルガイド/コンピュータガイドの特徴は、術前のシミュレーションを正確に再現出来ることにあります。当院が使用しているシミュレーションソフトでは、インプラントの埋入位置だけでなく、最終的なかぶせものの形もシミュレーションすることができます。

前歯など、特に見た目が重要な部分では、歯の形が一番美しく見える位置にインプラントを埋入することが求められます。サージカルガイド/コンピュータガイドを使用することで、インプラントをその位置に埋入することができます。その結果自然な歯の状態に近づけることができます。

日本口腔インプラント学会でもコンピューターガイドを推奨

サージカルガイド手術は、ドクターの経験や勘に頼る部分が大きいのですが、コンピューターガイドを使うことでそのリスクを低減させることができます。

日本口腔インプラント学会は、厚生労働省の要望を受けて、インプラント治療のガイドラインの中に、コンピュータガイドの使用を盛り込んでいます。

コンピュータガイドを使うことが万全ということではなく、綿密な治療計画をたてることが最も重要で、コンピュータガイドはあくまでもそれを補助する装置という位置付けです。

インプラント治療を考える際にはそのメリット、リスクについて、十分に歯科医師から説明を受け、ご自身が納得してから治療を開始することが望まれます。

コンピューターガイドを使って大きく歯ぐきを切開しない手術も可能

サージカルガイドコンピューターガイドを使う手術では、インプラント埋入位置のコントロールが肉眼で確認せずとも手術前のシミュレーション通りにできるため、ケースによっては歯ぐきを切開しない手術も可能となります。

より安全で低侵襲な手術をご希望の患者さんのために、インプラント手術のひとつの方法として、コンピューターガイドを使った治療のご提案もするようにしています。

シロナ社のCTと専用のサージカルガイドソフトを使用

サージカルガイド当院では、ドイツのシロナ(sirona)社製の歯科用CT(CBCT)と、専用のコンピューターガイドソフトでシミュレーションをし、サージカルガイド/コンピューターガイドを製作しています。

シロナ社のCTデータと専用のコンピューターガイドソフトを連動させると、三次元的で精密な診断ができ、正確な埋入位置を決定することができます。そのデータを利用することにで、より精度の高いサージカルガイドが製作可能です。

ストローマンまた、シロナ社以外にも、インプラント世界シェアトップクラスのメーカーであるストローマン社のガイデッドサージェリー「ストローマンガイド・システム」も導入しており、より幅広い症例への対応も可能になっています。

サージカルガイド/コンピューターガイド製作の流れ
Step1.マウスピースの製作サージカルガイド製作の流れ
サージカルガイドを作るために必要な、その患者さん専用のマウスピース(ラジオグラフィックガイドといいます)を製作します。

次へ
Step2.CT撮影サージカルガイド/コンピューターガイド製作の流れ
完成したラジオグラフィックガイドを装着して、CT撮影を行います。

次へ
Step3.治療計画とサージカルガイド/コンピューターガイドの製作サージカルガイド/コンピューターガイド製作の流れ
そのCTデータをもとに専用ソフトでシミュレーションを行い、綿密な治療計画を設計します。同時に、インプラントの正確な位置を決定して、サージカルガイドを製作します。当院では、複数の(現在、5種類)のサージカルガイド/コンピューターガイドが作製可能です。症例に応じてその状態に最も適したサージカルガイドを選択します。そのうちの一つは専用ソフトで設計したデータをシロナ社のCAD/CAMシステム「セレック」と連動させて製作し自院で完結するタイプのものもあります。

次へ
Step4.インプラント手術サージカルガイド/コンピュータガイド製作の流れ
サージカルガイドを装着して、インプラント手術を行います。

関連ページリンク

はじめての方へ一般歯科予防歯科歯周病治療審美歯科CEREC/セレック
インプラントサージカルガイド入れ歯見える治療症例集
よくあるご質問医療費控除

ご相談・お問合せはこちらから

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » はじめての方へ » サージカルガイド


コールバック予約