トップへ » はじめての方へ » 歯周病治療 » 進行してしまった歯周病には~歯周外科

進行してしまった歯周病には~歯周外科

歯周外科・歯肉切除
歯肉が腫れあがっている場合、歯周病が悪化しないようにこの不要な部分の歯肉を切除し、安定のため縫合します。比較的簡単な手術で短時間で行うことができます。

・歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの中の歯石や歯垢を除去する手術です。
歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽症の場合に行います。

・フラップ法(Fop)
歯肉を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去して歯肉を元の状態に戻します。


トップへ » はじめての方へ » 歯周病治療 » 進行してしまった歯周病には~歯周外科


コールバック予約