トップへ » はじめての方へ » CEREC/セレック » セレック治療の基本は治療技術

セレック治療の基本は治療技術

セレック治療虫歯治療をしても、つめものやかぶせものが外れたり破折したりすることがあります。こうしたことは、セレック治療のあとにも見られるトラブルです。

修復物を破折させないために一番重要なことは、詰め物を装着するときに行う噛み合わせの調整です。セレック治療は美しくて長持ちする質の高い治療ですが、治療の基本は一般的な歯科治療と同じです。噛み合わせの調整などをしっかり行わないと、あとから破損などのトラブルが起きて、長く持ちません。

セレックは、人の手を使わずに、簡単に良質な修復物を製作できる画期的なシステムです。たくさんのメリットがありますが、それを十分に生かした治療をするには、長持ちさせる治療のテクニックが必要です。

歯科医師のテクニックを見極めることは難しいと思いますので、説明をしっかり受け、十分に検討した上で治療を選択してください。


トップへ » はじめての方へ » CEREC/セレック » セレック治療の基本は治療技術


コールバック予約