トップへ » はじめての方へ » CEREC/セレック » なぜデジタル歯科が良いのか?

なぜデジタル歯科が良いのか?

近年、歯科医療でもデジタル化が進み、CAD/CAMシステムを導入する歯科医院が増えてきました。セレックを使った治療には、たくさんのメリットがあります。最大のメリットは「長持ちする」こと。手作業がなく、設計から削り出しまでをコンピュータで制御するので、スピーディな処理ができ、完成度の高い修復物に仕上がります。

セレック治療のメリット
●虫歯が再発する恐れが少ないセレック治療のメリット
コンピュータ制御により、緻密な設計と誤差の少ない削り出しができます。修復物の完成度は高く、歯にぴったりと納まります。

修復物はセメントで合着(接着)します。セメントの層が必要になります。健康保険治療の場合そのセメント層の調整は手作業で行われます。一方セレックはコンピュータによりセメント層を計算しミリングマシンという機械で削り出すため均一なセメント層を作ることができます。

また、健康保険で使用しているセメントはその隙間を埋める役割も果たします。しかしセメントは水(唾液)に弱いため、時間とともに溶けて隙間ができ、隙間があるとそこから細菌が侵入して虫歯が再発しやすくなります。

セレックで製作したつめものの場合は削った溝にぴったりと隙間なく収まります。そうすることで細菌が侵入できなくなり、虫歯の再感染リスクを軽減することができまるのです。

●高品質の素材で破損しにくいセレック治療のメリット
セレックで使用する素材はセラミック製のブロック。高品質のセラミックを規格化しているので、品質が安定しています。手作業で白い歯を作った場合は、どうしても出来上がった修復物にムラが出来てしまい、強度的に安定しないことがあります。

セレックシステムを使ったセラミックで修復物を作った場合には、従来のセラミックの審美性をそのまま持ち、さらに耐久性に優れ、噛み合ったときの力にも十分耐えられるので、修復物も破損しにくく、長持ちします。


トップへ » はじめての方へ » CEREC/セレック » なぜデジタル歯科が良いのか?


コールバック予約