トップへ » はじめての方へ » 見える治療 » CT(歯科用CT/コンビームCT)

CT(歯科用CT/コンビームCT)

CT

当医院では歯科用CTを用いてのインプラント治療をスタートさせました。なぜ、歯科用CTを導入したのかをご説明致します。

まず、CT(3D)を撮影しないでパノラマエックス線画像(2D)だけでインプラント手術を行う場合と歯科用CTを用いた場合の違いを考えます。

パノラマエックス線画像のみの手術
パノラマエックス線画像は一方向から投影された平面でいわゆる影のような状態(2次元)です。術者はそこからの情報と知識や経験から立体像をイメージしながら手術をします。シミュレーションもパノラマエックス線画像を参考に行います。

歯科用CTを用いた場合の手術
CTはご存知のように断層を観る機械ですが、この断層をコンピュータ処理をして3Dにして観る事ができます。歯肉や粘膜を剥がすことなく実物とほぼ同様な形態を観る事ができ、エックス線画像では判断ができない、あるいはしにくい情報をCTでは得る事ができます。


手術のシミュレーションも画面上で実際に使用するインプラントのサイズのものでシミュレーションが正確にできるようになりました。これにより今までよりも極めて実際に近いシミュレーションができるわけです。

歯科用CT


サージカルガイド/コンピューターガイドを用いた手術
コンピューターガイドというのはCTデータ上でシミュレーションを行った状態に限りなく近い状態でインプラトを入れることが出来るシステムです。コンピューターガイドを使用しない場合、シミュレーションを行った画像と術後の画像は多少のズレが生じます。骨の幅と高さが十分ある方の場合はそれでも全く問題がありませんが欧米人に比較し日本人は骨の厚みや量が不足しているためサージカルステントを使用した方が安心なケースは少なくありません。インプラント手術を行う前の診査(CT)段階で上記のような方には当院ではサージカルガイド/コンピューターガイドを用いたインプラント手術をお勧めしております。

被曝線量について(医科用CTと歯科用CT)
地球上で地上にいるわれわれは自然放射線によって既に被爆しています。その線量は約2400μSv(世界平均値)です。被曝線量については下記の図を参考にして頂けると解りやすいですが、脳ドック等で行われる頭部のCTは1500~2000μSvです。
これらに比較し歯科用CTの被爆線量は70μSvで、自然放射線や頭部CT撮影のおおよそ1/30になります。また、パノラマエックス線画像(フィルムの場合)も同じ70μSvですので、歯科用CT撮影はかなりの低線量で行うことができると言えます。

被曝線量について


トップへ » はじめての方へ » 見える治療 » CT(歯科用CT/コンビームCT)


コールバック予約