トップへ » 医院紹介 » 副院長あいさつ

口コミで相談を持ちかけてくれる患者さんが、たくさんいらっしゃいます

口コミで相談を

こんにちは、清水歯科クリニック副院長 清水浩です。私の父がこの地に清水歯科クリニックを開院して約40年以上が経ちます。ですから私は医院の2代目。現在、副院長として治療に専念しています。

昔からやっている歯医者なので、親子代々にわたって来院なさる患者さんも多くいらしゃいます。近所から遠方へ転居なさった患者さんも、車などでいらして頂いています。また、地域の患者さんはもちろん、ご紹介や口コミをきっかけでセカンドオピニオンを求めて来院される患者さんも多いです。

私のモットーは、「できるだけ手を加えないシンプルな治療を行う」ということ。人間のカラダが本来持つ、自然治癒力を生かした治療を心がけています。

無駄な治療はしない。自然治癒力を生かして、負担の少ない治療を

無駄な治療たとえば、インプラントを安全に埋入するためには、ある程度の顎の骨が必要です。この際、顎骨が少なくなってしまった患者さんには人工骨を補う手術を行うのが一般的ですが、私の場合はほとんど行いません。

顎骨の適切な位置に正しくインプラントを埋入すれば、自然と骨が回復。体が自ら安定した状態を作り出します。わざわざ、手術で人工骨で顎骨を補わなくとも、骨が自らの治癒力を発揮し始めるわけです。実際、数ヶ月後のレントゲン写真を見ると、顎骨が増えているのが如実に分かります。

手術の回数が減るので、手術そのもののリスクは格段に減ります。その結果、患者さんの体の負担も少なくなります。また、自然治癒力を最大限に生かすので、術後の経過も良好です。

ただ優しいだけではダメ。プロの立ち位置で患者さんとともに歩む

できるだけ患者さんの側に立った治療を心がけています。自分自身が納得できる材料を使用し、自らが受けたい治療を提供するのは当たり前。患者さんを無理やり引っ張っていくのではなく、患者さんと一緒に歩んで行くことが大切だと考えています。

とはいえ、ただ優しいだけではダメだと思います。患者さんの顔色をうかがいながら曖昧に話をして、患者さんの要望だけを受け入れるのでは、逆に患者さんが不利益を被ることになる。たとえば、痛み止めを多めに欲しいという要望をそのまま鵜呑みにして薬を処方してしまうと、かえって問題が増悪してしまう事もあります。こうなるとプロ失格ではないでしょうか。

言うべきことははっきりと言う。そして、常にプロ意識を持って患者さんを導いていくことが大切ですね。でも、「怖いだけの真面目な先生」であってはいけません。容姿のせいか、初めて会う人に「歯医者っぽい、真面目な先生」って言われることが多いんですよね。それ誤解ですから(笑)。面白いことも大好きだし、ギャグも言う。ユーモアを忘れないことも、歯医者としての大切なことだと思っています。

プロフィール

院長あいさつ
清水歯科クリニック副院長 清水 浩

【略歴/資格】
1985年 北海道医療大学歯学部卒業
1985年 第77回歯科医師国家試験合格
1985年 北海道医療大学歯学部第一口腔外科(助手として勤務)
1987年 札幌市内開業医に勤務
1992年 清水歯科クリニック開業(東京都府中市)
2009年 日本先進インプラント医療学会 専門医取得
2009年 American Heart Association Healthcare Provider 取得
2010年 日本歯科放射線学会 歯科放射線優良医取得
2010年 日本先進インプラント医療学会 評議員
2010年 日本医療学会 ICLS Provider 取得
2011年 バイオインテグレーション学会 評議員
2011年 東京西顎顔面口腔インプラント臨床研究会 会長
2012年 日本顎顔面インプラント学会 会員
2012年 世界歯科研究会/SWS 会長
2012年 東京西顎顔面口腔インプラント臨床研究会 監事

【所属学会 ・ スタディーグループ】
日本顎顔面インプラント学会
バイオインテグレーション学会
日本口腔機能水学会
日本歯科放射線学会
日本顕微鏡歯科学会
日本学咬合学会
バイオインプラントアカデミー
世界歯科研究会/SWS

関連ページリンク

医院紹介副院長あいさつ
アクセス・診療時間プライバシーポリシー
知っていますか?正しい歯の磨き方当院で治療を受けられた方へ

ご相談・お問合せはこちらから

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 医院紹介 » 副院長あいさつ


コールバック予約