トップへ » 医院紹介 » 副院長あいさつ » 無駄な治療はしない。自然治癒力を生かして、負担の少ない治療を

無駄な治療はしない。自然治癒力を生かして、負担の少ない治療を

無駄な治療たとえば、インプラントを安全に埋入するためには、ある程度の顎の骨が必要です。この際、顎骨が少なくなってしまった患者さんには人工骨を補う手術を行うのが一般的ですが、私の場合はほとんど行いません。

顎骨の適切な位置に正しくインプラントを埋入すれば、自然と骨が回復。体が自ら安定した状態を作り出します。わざわざ、手術で人工骨で顎骨を補わなくとも、骨が自らの治癒力を発揮し始めるわけです。実際、数ヶ月後のレントゲン写真を見ると、顎骨が増えているのが如実に分かります。

手術の回数が減るので、手術そのもののリスクは格段に減ります。その結果、患者さんの体の負担も少なくなります。また、自然治癒力を最大限に生かすので、術後の経過も良好です。


トップへ » 医院紹介 » 副院長あいさつ » 無駄な治療はしない。自然治癒力を生かして、負担の少ない治療を


コールバック予約