2009年4月 8日 « トップへ » 2009年4月10日

2009年4月 9日

「歯肉が腫れている」という方。歯周病は改善できます。

歯ぐき腫れ
歯周病は歯の周辺組織(歯根膜、歯肉、歯槽骨など)の病気の総称で、歯周疾患ともいわれています。

当院ではコンセプトをもった予知性の高い治療を目標に、ブラッシング指導・歯のクリーニングを中心に、必要に応じて歯周外科手術まで行っております。

このコンテンツでは当院の歯周病治療についてご紹介します。

<当院の歯周病治療メニュー>
■一人ひとりに合ったブラッシング方法を教えます
■プロによる歯のクリーニング~PMTC
■進行してしまった歯周病には~歯周外科
■そもそも歯周病ってなんですか?

一人ひとりに合ったブラッシング方法の練習ができます

ブラッシング
虫歯や歯周病の原因のほとんどは、不適切なブラッシングです。

歯科医院での予防や治療だけでは歯を守ることはできません。"磨いている"と"磨けている"には大きな差があります。しっかりブラッシングしているつもりでも、歯と歯の間や奥歯の裏側などに歯垢が残っていることがあります。

歯周基本検査、レントゲン検査、口腔内写真などの診査後、当院では一人ひとりのお口の状態や歯並びなどに合った正しいブラッシング方法を習得して頂けます。

>>知っていますか?歯の磨き方

プロによる歯のクリーニング~PMTC

歯のクリーニングPMTCとは歯冠や歯根表面に付着している歯垢や歯石を、歯科医師もしくは歯科衛生士が除去、歯面を滑沢にし、歯垢・歯石が再度付着しにくい環境をつくる行為をいいます(Professional Mechanical Tooth Cleaning)。

時間の経過していない歯垢は歯ブラシで簡単に除去できます。しかし、次第に唾液中のカルシウムが沈着し硬い歯石へと変化し、簡単に除去できません。歯石の表面にはバイオフィルムとよばれる歯周病菌などの細菌が住みついています。

PMTCでは、これらの不純物を取り除き、歯面を滑沢にします。これにより、治療効果を高めたり、虫歯・歯周病を予防することが期待できます。また、白い歯や健康な歯肉を取り戻したり、口臭の改善などに効果があります。

進行してしまった歯周病には~歯周外科

歯周外科・歯肉切除
歯肉が腫れあがっている場合、歯周病が悪化しないようにこの不要な部分の歯肉を切除し、安定のため縫合します。比較的簡単な手術で短時間で行うことができます。

・歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの中の歯石や歯垢を除去する手術です。
歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽症の場合に行います。

・フラップ法(Fop)
歯肉を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去して歯肉を元の状態に戻します。

そもそも歯周病ってなんですか?

歯周病は歯をささえる骨や歯肉の病気です。

たとえば家を想像してみてください。家も土台が悪いとぐらぐらして、ついには倒れてしまいます。このメカニズムは歯周病も同じです。歯周病は、歯の土台である歯槽骨がだんだん無くなっていき、ついには歯が抜けてしまう怖い病気です。

歯垢が石灰化し歯石になると、歯と歯肉の付着部分に隙間(歯周ポケット)ができます。炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います。

近年の厚生労働省の調査では、成人約7割が歯周病にかかっているという結果が報告されています。歯周病の症状は、最初はこれといった症状はほとんどなく、末期に近くなって症状が現れ既に手遅れの場合がほとんどです。軽度のものも含めると、40才以上では5人中4人は歯周病にかかっていると言われます。

<歯周病の進行具合と治療方法について>
◆軽度歯周病
歯と歯肉の間に、プラーク(歯垢)や歯石がたまり、細菌の繁殖により歯肉に炎症が起こった状態です。歯肉の腫れや出血などを伴います。この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や、1~2回の歯のクリーニングを行うことで、比較的短期間で回復します。

◆中等度歯周病
口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立ち、専門家が見れば歯肉にも炎症を起こしているのが確認されます。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットも深くなり、歯も動揺してきます。 この段階では、歯の表面に沿って歯肉溝の奥まで付着した歯石を取っていきます。痛みを感じる時は麻酔をして無痛状態の上で行います。さらに、数回にわたって除石を行い歯肉の状態が改善された後に検査を行います。

歯肉溝(ポケット)の深さが4mm以上あるところは、通常の手用器具を用いた非外科的な処置は見込めないため、歯周外科の適応となります。

◆重度歯周病
さらに進行し歯肉は化膿して、真っ赤に腫れます。骨もかなり破壊されて後退し、歯の動揺がグラグラと大きくなっています。重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科にて対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。


2009年4月 8日 « トップへ » 2009年4月10日


コールバック予約