2009年4月 9日 « トップへ » 2009年4月11日

2009年4月10日

痛みが少ないのは当たり前~一般歯科

コップ「治療が怖くて歯医者に行けない」といって、虫歯をそのまま放置している方はいらっしゃいませんか?そんな方も大丈夫。最近では、治療技術や素材の進歩により、痛みをほとんど感じさせない治療(※)ができるようになりました。

このコンテンツでは、当院の痛みの少ない虫歯治療についてご紹介いたします。

※急性症状が強くなっている病態の方には、麻酔がほとんど効かないケースもございます。痛みが強くなる前に治療を受けることが肝心です。

「麻酔でさえも痛くなかった!」と言われたい~表面麻酔剤

「麻酔でさえも痛くなかった!」と言われたい~表面麻酔剤「ちゃんと麻酔をするから、痛みはありませんよ」といわれても、そもそも麻酔をするときの"チクリ"がイヤ、という方もいるのではないでしょうか。

当院では"表面麻酔"を使用することで、麻酔の痛みを減らしています。これは患部に塗ることで麻酔効果が得られる薬剤。もちろん、このとき痛みは感じません。液を塗るだけなのですから。その後、"じわじわ"と麻酔が効いてきた後に、痛みの少ない細い注射針を使って麻酔液を注入します。

そのため、治療中はほとんど痛みを感じません。「虫歯をずっと放置している」という方、手遅れになる前にご相談ください。


2009年4月 9日 « トップへ » 2009年4月11日


コールバック予約