トップへ » インプラントのデメリットは何ですか?

インプラントのデメリットは何ですか?

噛む力が強く、自分の歯と同じ感覚があるインプラント治療は、多くのメリットを備えた理想的な治療法といえます。とはいえ、インプラントにはいくつかのデメリットも存在します。

◆他の多くの歯科治療と比較すると、治療費が高額になります。

◆治療後も定期健診が必要です(インプラントだから必要と言うことではなく、天然歯でも必要ですが)。モノを噛むとき、天然歯はクッションのように動くことができますが、インプラントは動きません。このため、この誤差を補正する目的でも定期健診が必要です(埋入してからの期間により違いますが、定期健診は通常は6ヶ月~1年毎です)。

◆全身状態悪いと出来ない場合があります。(糖尿病、高血圧、骨粗鬆症等)

◆よく誤解されがちですが、インプラントも天然歯と同様に、ブラッシングが悪いと歯周病になります。人工歯とはいえ、適切なブラッシングが必須です(基本的には天然歯と同じブラッシング方法です)。

歯が抜けてしまったときの、治療方法はひとつではありません。それぞれのメリット・デメリットを比較し、ご自身のお口をしっかりと検査した上で、最適な治療方法を選んでいただきたいと思います。

<インプラントのデメリット>
・外科手術が必要
・費用が比較的高額
・どなたでもインプラントができるわけではない
・定期的な検診が必要です(天然歯でも同じです)
・しっかりブラッシングをしないと歯周病になります(天然歯でも同じです)


トップへ » インプラントのデメリットは何ですか?


コールバック予約