トップへ » 骨の量が少なくても大丈夫ですか?

骨の量が少なくても大丈夫ですか?

当クリニックでは補填剤(人工骨)の使用やGBR(骨誘導再生法)は極力使用しない方法でインプラント埋入を行っております。その理由は骨と置換すると言われている補填剤でも長期間置換せずに残ってしまったり、その状態が感染しやすい状況であったりするからです。

多くのケースではGBRなどは行わなくてもインプラントの埋入だけでご自分の骨を増量する事が出来るため、補填剤による感染のリスクを負わなくてすみます。
その結果、患者さんの体の負担も少なくなります。また、自然治癒力を最大限に生かすので、術後の経過も良好です。


トップへ » 骨の量が少なくても大丈夫ですか?


コールバック予約