トップへ » インプラントはどのくらいもちますか?

インプラントはどのくらいもちますか?

患者さんのお口の中の衛生管理に大きく関係してきますので、お口の衛生状態が悪いとインプラントの寿命が短くなる場合もあります。
インプラントの歴史は1950年から始まり、実用化されたのは1965年からです。実例として、1965年にインプラントを行った患者が亡くなるまでの41年間問題なく機能しておりました。

つまり40年間耐えられる実績は証明されております。常に衛生状態を良好に保つこと、他の問題が発生した場合、その問題を速やかに解決することなど、担当医師や衛生士の指導に従っていただくことが大切です。インプラントの10年生存率は95~97%前後です。

当院では清水歯科クリニック開院当初に施術を行った方で、現在でも殆どのケースでほぼ同じ状態で経過しています。


トップへ » インプラントはどのくらいもちますか?


コールバック予約