トップへ » インプラントをして数年後にインプラント体が動揺・脱落してしまった

インプラントをして数年後にインプラント体が動揺・脱落してしまった

多くの場合、インプラントの過重負担、インプラント周囲の感染症や喫煙(特に喫煙量の多い方)が原因です。

揺れているインプラント体を、ムリにお口の中に残しておくと、周囲の骨がさらに無くなってしまいます。早期に取り除くべきです。インプラント体を取り除いて骨と粘膜が治るのを待ち、再び新しいインプラントを植立するか別の治療法を選択するかを検討します。

感染に関しては、インプラントも歯と同じように歯周病にかかる事があります。病気や免疫・体調の変化で、さらに加速する事もありますから、日ごろのプラークコントロールは重要です。また、ちょっとした噛み合わせの変化が、インプラントをだめにしてしまう事もありますので、定期検診(最低でも6ヶ月毎)は必ず受けるようにしてください。


トップへ » インプラントをして数年後にインプラント体が動揺・脱落してしまった


コールバック予約